Gin & Tonic

ブログ再開のごあいさつ

e0108373_21213332.jpg


こんばんは。

びっくりするほど放置していたブログですが、

本日からひっそりと再開することにしました。

ブログを更新しなくなってから早4年…

これ系のツールはSNSとアメブロに席巻されちゃった感がありますが、

私はやっぱり ココ が好きです。

ほんと落ち着く。

…ただいま。

これから少しずつ手入れをして諸々整えていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


さて、写真は『TASTE OF CHAOS JAPAN TOUR 2006』にてゲットした

Vo.Cove期のSAOSINのTシャツ&サインです。

今期、突然のReunion Tour開催にはびっくりさせられましたねぇ。

しかもVo.は、『Translating the Name EP』で

スクリーモの新時代を築いたAnthony Green…。

この勢いでEPでも製作しちゃって

さらにはアルバムまで完成させちゃって

あわよくば来日!なんて思っていましたが…夢のまた夢でしたね。

でも私たちにはYouTubeがある!ということで、

Reunion Tourの様子は以下の動画にてご確認ください。

いやぁ、いい時代になりました。







[PR]
# by g-and-t | 2014-08-02 22:22 | READ ME!!

朝食の

e0108373_8383121.jpg

ソフトクリーム@八ヶ岳SA(あれ、PAだっけ?)

ミルクミルクしてなくておいしい。

ということで、
今日はちょっくら白馬まで行ってきますε=┏( ・_・)┛
[PR]
# by g-and-t | 2010-08-20 08:38 | MUSIC

ひとりごと。

e0108373_7564284.jpg


今月のクロスビートはフジ&サマソニ特集号だけあって厚みがハンパないっす!

最速レポートを売りにしているので
内容はちょっと物足りないような気もしますが、
あのときの興奮と感動は確実によみがえります!!

MUSEのドムがアレをアレしていた理由が明らかになったり、
TCVがアノ人のアレをいじっていたり…(笑)

行った人も行かなかった人も楽しめる仕上がりです。


ところで、TCVはフジがツアーファイナルだったんですね(>_<)
しかもフジ前の単独では2時間近く演奏したとか!
うらやまっ!!(;_;)

また集結して2nd→ツアーとがんばってほしいです(^O^)
[PR]
# by g-and-t | 2010-08-20 07:56 | MUSIC

がっつりおうちなう。

BIGELF以降、フットワークが軽すぎて(=腰をすえて観たいものがなくて)
あまり休憩を挟まなかったので更新できませんでした。

そして、年のせいか太ったせいか体力がなかなか戻らず(泣)、
うだうだしていたらあっという間に1週間たっていました。
今頃はJONSIに圧倒されていたんだっけ…ふむ。
ということで、サマソニ全体の感想も交えて2日目を振り返っていきます。
以下は宿泊部屋からの一枚(ぼわっと明るいのがマリンスタジアムです)。
e0108373_2144396.jpg
COHEED AND CAMBRIA
結構楽しみにしていたのですが、
髪の毛に埋もれて演奏する姿がインパクト大すぎてそれしか覚えていません。

THE DRUMS
ヘタウマな歌&ヘンテコな動き&軽めのサーフミュージックと
ホワイトを効果的に使用したライティングが非常にマッチしていて、
THE DRUMSの世界観にどっぷり浸ることができました。
ただ、肝心の「Let's Go Surfing」のライティングが
赤・白・青のクリ〇クりーンカラーで唯一萎えました。
普通にバックからホワイトピンスポとかでよかったのに(泣)。

SURKIN
THE DRUMS後にDANCEステージへ駆け込みそのまま踊りまくり。
オーディエンスが少ないこともあり、やや中弛みした感もありましたが、
要所要所でオーディエンスを盛り上げていく様はさすがの一言。
(寂しいことに)スペースががっつり空いていたので
好き勝手におもいっきり踊ってたら、
ノリノリの外国人にイエーイって近づいてこられてびっくりしました。
でも後からじわじわ嬉しかったです。いい思い出。

SUM41(モニターにて)
通りすがりに見ただけなのですが、
Vo.デリック、ケガの形跡はとりあえずなさそう。ほっとしました。

HUDSON MOHAWKE
空きまくっていたので調子にのって前から2列目へ。
CDで聴いていたときには結構好きな感じだったのですが、
なんと1曲目から撃沈。
四つ打ちリズムに慣れ親しんでいるため、どうノッていいかわからず苦戦。
HUDSONやMC(誰だったんだろう…)の動きに一生懸命合わせてみたけど
明らかに浮いている…と早々に見切りをつけるべく後ろを振り返ったら、
あまりに悲惨な客入りで抜けるに抜けられなくなってしまいました。
結局、HOLE観たいよう、BRMC始まるようと思いながら
うねうねと最後まで踊っていたのでした。

BLACK REBEL MOTORCYCLE CLUB
HUDSONでムダ使いした体力を補うべく座って聴いていましたが、
音がめちゃめちゃかっこよくてびっくり。
歌声は色っぽいし、ギターは鳴るし。ベースはずんずん、ドラムはキレよし。
帰ったら改めて音源を聴き直そうと思いました。

DIE ANTWOORD
マイスペを聴いてこれは絶対観ないとと思ったアーティスト、
外国人率が高かったのが記憶に残っています。
あと、女MCさんの声が地声でびっくり(機械でいじってるもんだとばっかり)。
運よくアタマから「Enter the Ninja」と「Wat Kyk Jy」を聴けたので
JONSIを観るべくあっさり移動(笑)。

JONSI
正直興味はなかったのですが、大阪での評判を聞いて観てみることに。
スタート直後からJONSIワールド全開で
幻想的な空間に、JONSIの伸びやかな歌声が響いていました。
曲もバックの映像もドラマチックな展開が続き、
聴き漏らすまい、見逃すまいと息を詰めるオーディエンス。
これまでのサマソニで味わったことのない貴重な経験でした。
サマソニ前日に単独が発表されたのでライブ前半で切り上げましたが、
後半はさらにすごかったそうです。単独は必ず行きたいと思います。

ATARI TEENAGE RIOT
STEVIE開始予定の19時半にモニター前にスタンバイしていたのに、
一向に始まる気配がないのでDANCEのATRをのぞくことに。
爆音炸裂でオーディエンスのテンションもあがりまくりでしたが、
疲れがたまってリズムを刻むことすらできなかったので、あっけなくリタイア。
また日本に来てくれるといいなぁ。

STEVIE WONDER(モニターにて)
20時開始~21時終了と1時間強のタイトな演奏だったSTEVIEさん。
モニター越しだったので、その迫力を体感できなかったのが残念。
(DANCEとSONICに挟まれてて音が混ざってカオスってたせいもある。)
すぐにメッセに戻ってくることになったとしても足を運べばよかったかな。
でもSTAY GOLDが聴けてよかったです。
再来日のときには一番いい席で観てこようと胸に誓ったのでした。

DREAM THEATER
メッセ内を制覇すべく(?)、意気揚々とMOUNTAINへ。
e0108373_2144338.jpg
うん、がらがら。トリとは思えない空きっぷりで逆にすごいでしょ。
でもモッシュピット~前方はアツく盛り上がっていて、
とっても楽しそうでした。うらやましかったです。
ちなみに私見ですが、メッセ内のトリでは一番聴き応えがあり、
最後のJAMではプログレ&メタルに乏しい私でもその凄さがわかりました。
とにかくかっこよかったです。

PIXIES
e0108373_2144319.jpg
これまたNO予習でしたが、聴きやすい楽曲で好印象でした。
リズム隊が安定していたのでノリやすかったです。
あと、なんとなくペイブメントよりマジメそうだなと思いました(笑)。


SUMMERSONICについて以下書きなぐり

・MARINEにOAを作ったのはいいけど、
 転換時にアリーナから出る人を優先して入る人を止めちゃだめでしょ。
 午前中からスペースがないことなんてありえないわけだし、
 逆に入れちゃったほうがいいと思うんだけど。
・転換中、立てとか起き上がれとかスタッフがうるさかった。
 しかもすいているときに限って。
 目の前のデジタル一眼抱えたバカには一切注意しないのにもイライラ。
・メッセのホール4~6のトイレが改修されていて感激。
 来年には全ホールのトイレが改修されるそう。ありがたい。
・SONICとDANCEの間に1つスペースを設けたのはよかった。
 そのせいでモニターの音がカオスってはいたけど。まぁよし。
・ペットボトルやプラスチックコップなどの落し物をたくさん見かけた。
・前に来るときに平気でぶつかってきたり(しかも詫びない)、
 スペースのないところに無理やり入ってきたりと自己中な人が多かった。
・今年はKIDS DISCOを新設して託児場所作らなかったのか、
 ちびっこが前方にひっぱっていかれたり、
 ぐずっているのに連れまわされたりしていてかわいそうだった。
・メッセ&マリン外周にファミマが出店していた。
 サマソニグッズを販売していていい感じ。
 ちなみに飲食物はサマソニ価格で意味なし。
 大量仕入れしてんだから下げてくれたっていいのに。

後日談
[PR]
# by g-and-t | 2010-08-15 19:34 | MUSIC

雑記。

SURFER BLOOD
オーディエンスが少ないのがもったいない!
ゆったりまったりで心地よい演奏でした。
今年は観たいモノが少ない分、収穫が多くて嬉しいです。

キュートンSHOWTIME
客集まりすぎ。みんな好きですねぇ(笑)。
しょっぱなから鬼MAX→必殺仕事人で飛ばしていました。
ラストにはオマケと称して例のアレを2回もやってくれました(笑)。



BIGELF
予定より早くMOUNTAIN入りできたおかげで
超絶技巧の演奏を耳にすることができました。
オーディエンスが聴き入っているからか、そもそも人数が少ないからか、
歓声があまりあがらず盛り上がりに欠けたのがおしい。

この後は
COHEED AND CAMBRIA→THE DRUMS→SURKINと渡り歩きます♪
[PR]
# by g-and-t | 2010-08-08 14:07 | MUSIC

まぐろWIN!

e0108373_12364252.jpg

朝イチでTHE DEVIL WEARS PRADAを観にいこうと思ったら
まぐろ茶屋が行列なしだったので中トロ丼でちょっと早めの昼飯タイム。
今まで食中毒が気になって食べたことなかったんですけど(苦笑)、
これ、めちゃめちゃおいしいですね!
あまりの旨さに堪能しすぎて、
MOUNTAINに着くころにはあと2曲を残すのみというアイタタな状況。
でも、シャウト声が汚かったり(というか私好みではなかった)、
Vo.が黒のショートパンツだったり(しかも似合ってない)、
全員揃ってのヘドバンがくどかったりと色々微妙だったのでよかったです。

この後はSURFER BLOOD→キュートンSHOWTIME(笑)!!
[PR]
# by g-and-t | 2010-08-08 12:36 | MUSIC

1日目終盤のお話。

昨日は携帯の電池切れにより終盤〜深夜の話が書けなかったので、
ここでまとめて書き連ねます。

PENDULUM
今回はSHOWDOWN、FASTEN YOUR SEATBELTS、
SLAM(つなぎのMASTER OF PUPPETSも)を外していましたが大満足。
オーディエンス多め&テンションも高めで
踊るスペースを確保するのが大変でしたが、みんなで騒げて楽しかったなぁ。
本人たちもとっても楽しそうでした。
そういえばオープニングの映像で
青い内臓がメタリック化し、後に心臓がドラムンを刻むスピーカー(?)
になったのがかっこよかったです。
SALT IN THE WOUNDSの虫ビデオはちょっと受け付けなかったです。

ORBITAL
初見&ほぼ初聴でしたが、全然問題ありませんでした。
どんどん上乗せされていく音に呑まれて別世界を観ました。
(あ、私はNO DR〇Gですよ。もちろん。)
耳馴染みのよい曲が多かったのもよかったです。
ずっと踊っていたいと思わせる、中毒性のある音でした。
ぶっちゃけPENDULUM霞みました(笑)。
また、(おそらく)原爆の日を意識した
反戦の映像を流してくれたのが嬉しかったです。
ORBITAL最高。

BRODINSKI
ORBITAL後だったせいで音が安っぽく聴こえてしまいイマイチのれず。
もったいなかったな。

PAVEMENT
全く予習せず臨みましたがこちらも問題なく楽しめました。
一曲一曲に魂が宿っているというか、
アップテンポな曲もスローな曲もじわじわと心に響いてくる印象。
PA横で観てたので本人たちの顔やらなんやら確認できなかったのですが、
曲間に聞こえてくる話し声の感じでは楽しんで演奏しているようでなにより。
それからどうでもいいことですが、
おっさんたち(笑)の掛け合いに7人の小人@白雪姫を彷彿させられました。

その他
最初にも書きましたが、1日目は例年より人が少なかった印象。
トイレも飲食もほとんど並ばなかったですし。
それからメッセ内のフードコートが減らされすぎてて
食べる物に困りました。お酒もショボくて残念。


さて、今日は
THE DEVIL WEARS PRADA→SURFER BLOOD→キュートンSHOWTIME(笑)→COHEED AND CAMBRIA→THE DRUMS→SURKIN→HUDSON MOHAWKE→BLACK REBEL MOTORCYCLE CLUB→DIE ANTWOORD→STEVIE WONDERで予定しています。
が、JONSI&PIXIESがすごくいいみたいだし、
もう一度ATARI TEENAGE RIOTで暴れたい気もするし…。

まぁそのときのテンションに任せて行動しようと思います。
[PR]
# by g-and-t | 2010-08-08 07:54 | MUSIC